旧市街を巡る:

Sie verwendeten einen veralteten Browser. Bitte führen Sie für ein besseres Surf-Erlebnis ein Upgrade aus.
JavaScript scheint momentan in Ihren Browsereinstellungen deaktiviert zu sein.
Bitte nehmen Sie eine Änderung dieser Einstellung vor und laden Sie die Webseite neu, um deren volle Funktionalität zu ermöglichen.
Daten laden
Daten laden

Hauptbereich

旧市街を巡る

1 ツーリスト・インフォメーション
営業時間: 月~金 9~17時、土 9~12時

2 歴史の記念碑
彫刻家クラウス・リングヴァルトによる芸術作品である近代的な記念碑は、3面に街の歴史の印象的な彫刻が刻まれています。市の創設者である聖フリドリン、街での何世紀も前からの近代的な入浴シーン、そしてもちろん詩人ヨゼフ・ヴィクトル・フォン・シェッフェルの絶金言のトランペット吹きについてのラブストーリーです。

3 門塔
1343年に起こった大洪水後、ライン川の洪水に対する防護壁として、また、城壁を備えた防衛設備として、強大な壁を持つ塔が建設されました。今日では、塔はギルド地区であり、伝統あふれるゼッキンガーのカーニバル開催地でもあり、異論なく「苦難への防波堤」となっています。

4 漁師のギルドの家
1717年から記載されているこの建物は、バートゼッキンゲンで最も古い家の一つです。バートゼッキンゲン市が所有しており、芸術家のための博物館や展示スペースとして、また、文化や歴史振興のためのあらゆる種類のイベントスペースとして利用されています。

大聖堂広場
この広場には、フリドリン大聖堂の権威を示す教会があります。ゼッキンゲンのトランペット吹きと高貴なマルガレータ・フォン・シェーナウのロマンチックなラブストーリーは、ここから始まりました。数多くのレストランが広場に並び、大聖堂の景色を眺めながらくつろぐことができます。この広場で最も目立つ家はレストラン「Fuchshöhle(キツネの穴)」です。建物は16世紀のもので、ファサード絵画は1904年に描かれ、シェッフェルの叙事詩からのモチーフを表しています。大聖堂広場では、毎週開催されるマーケットに加え、フェスティバルやイベントが年に数回開催されています。
アドバイス: 大聖堂広場にある数多くのレストランに座りましょう。フリドリン大聖堂とその周辺の家々の印象的な景色の前の雑踏を眺めましょう。

5 フリドリン大聖堂
深い大地に見える塔のある壮大なバロック様式の教会は、街の創設へと導いたかつての修道院と女子修道院の大きさと重要性を反映しています。すばらしい芸術作品は1764年の銀のフリドリン神殿です。聖フリドリン大聖堂の宝物殿を訪れる人はだれでも、数多くの貴族家系出の女子修道院生がいたかつての修道院による大きな影響を推測することができます。
アドバイス: 聖フリドリンの銀の神殿を訪れ、大聖堂の古い石材見学ツアーに参加しましょう。通常では公開されていない地下室だけではなく、大聖堂の塔の中も見学することができます。

6 ゼッキンゲンのトランペット吹きの墓
市議会議員フランツ・ヴェルナー・キルヒホーファー(1633  -  1690)、オットー・ルドルフ・フォン・シェーナウ男爵の娘マリア・ウルスラ・フォン・シェーナウ(1632  -  1691)、「ゼッキンゲンのトランペット吹き」の話の歴史的カップルです。大聖堂の外部では、窪みにシェッフェルの胸像および2人の墓石を見ることができます。この墓石がロマンチックな詩にとっての本当のインスピレーションとなりました。

7 古き館
フリドリン大聖堂とラインの間にある古い館は、かつては修道院の施設の建物でした。16世紀まで女子修道院生の 住居として使われていました。そのルネッサンス様式は大規模な改装を行った後、特に典型的なファサード絵画のように、再びオリジナルの手法が感嘆させます。

8 オス猫ヒッディガイガイの噴水
オス猫ヒッディガイガイの彫刻が上に緊張したように立ち、水を流す新たに作られた柱がついた噴水槽は、1978年のアルフレード・ザクスの芸術作品です。

9 ランデンベルク宮殿市庁舎
建物は19世紀の初め、ランデンベルクのエイゼビウス・フランツ・ザレス男爵によって建てられ、学校や市庁舎として使用するため1850年に再建されました。今日では、バートゼッキンゲン市の行政がその中にあります。

10 修道院の建物
修道院長によって委託された後期ゴシック様式の建物は1565年から1575年に建てられました。1806年に修道院が閉鎖された後は、地区参事会の大公の所有となりました。それは1936~1972年の地区参事会ゼッキンゲンに続きました。1974年以降、ここは道路建築局となっています。

ライン川橋通り
バートゼッキンゲン旧市街の人気のショッピング街で、多くの小さくも上質なオーナー経営のショップや素敵なカフェが並びます。
アドバイス: 旧市街では、家のファサードなどあちこちでヒッディガイガイの詩や猫の彫刻を発見することができます。それどころか、「ホテル・オス猫ヒッディガイガイ(Hotel Kater Hiddigeigei)」という宿でさえも、市内の有名な猫の哲学的場所である城公園の近くにあります。

11 ロココハウス
聖母マリアの絵が描かれた漆喰の家は、18世紀のものです。

12 ハルヴィレールの館/シェールハウス
ライン橋通りの終わり、木造橋に入る手前にはドイツ騎士ハウスの建物、「ハルヴィレールの館」ここには詩人ヨゼフ・ヴィクトル・フォン・シェッフェルが1850~1851年まで住んでいました。

13 木造橋
ライン川に架かる400年以上の歴史を誇るスイスのパートナーコミュニティ・シュタインへの橋は、ヨーロッパで最長となる200m以上の屋根付きの木製橋です。架橋職人ブラジウス・ブラディシュヴィラーは、1785年と1803年にまだ保存状態の良い橋を建設しました。橋は何度も戦争を経験し、流氷と洪水で破壊され、再建されました。ところで、戦時中、物資は密かにスイスからドイツへの橋を渡って運ばれ、暗黙の協定と手配は橋で行われました。そうして橋は今日のようになったのです。この橋は人々を何百年が経ってからも結びつけます。ライン川での乗客用スキー 「ゼッキンゲンのトランペット吹き」に乗り、街、ライン川に架かる木造橋、そしてすばらしい水辺の景色をお楽しみください。

14 泥棒の塔
丸くてかわいらしい外観の塔、「泥棒の塔」は、かつてはバートゼッキンゲンの城壁の一部でした。17世紀、この塔はシェーナウ城の施設に統合されました。1864年、ゼッキンゲンの製造業者テオドール・バリーは泥棒の塔をゴシック様式で再建しました。2005年以来、ロマンチックな塔は市民の結婚式典やレセプションに使用されてきました。
アドバイス: ライン川の美しい景色と泥棒の塔から、市内のランドマークの一つをお楽しみください。

15 小さなティーハウス
フランチェスコ・アントニオ・ジョルジョーリによるバロック様式の天井フレスコ画を備えた城公園内のティーハウスは、1720年頃にバロック様式のシェーナウ宮殿の一部として建設されました。今日では訪問者の多いカフェとなっています。

16 低湿地の墓地
文化財保護されている墓地は、1815年から1958年に閉鎖されるまで、最期の休憩場所としてゼッキンゲンの人々に使用されていました。その墓地では、他の人々と並んで、19世紀および20世紀の重要な人物たちが休息しています。

17 トランペット吹きの彫像
1876年に彫刻家ハインリッヒ・ルフがシェーナウ城外側の階段で作ったトランペット吹きの像は、撤去され、修復されました。その像は残念ながら外に出すことを許されなかったため、城の中に新しい家を見つけました。代わりに新しいトランペット吹きがその場所に立っています。

18 シェッフェルの胸像
階段の土台上にある、詩人およびゼッキンゲン市の名誉市民であるヨゼフ・ヴィクトル・フォン・シェッフェルの胸像と等身大以上のトランペット吹きの像は、1901年に大聖堂広場に設置されました。1941年の戦時中、トランペット吹きは寄付金属として溶かされなければならなくなり、胸像は城公園に移されました。

19  シェーナウ城
この城は、ライン川のほとりにある牧歌的な公園の中にあり、17世紀にシェーナウの領主によって水城の代わりに建てられました。城の西側には 野外公演やコンサートのための野外劇場があります。ここではオープンエアーシネマも開催されます。城内には、シェッフェルの部屋、トランペット博物館、先史時代と初期の歴史および街の歴史についての博物館があります。

20 カーニバル噴水
1972年にラインフェルトの彫刻家レオナルド・エーダーがジュラ紀石灰岩で作った、ライン橋通りのカーニバル噴水は、バートゼッキンゲンのカーニバルを表しています。「ローマ人」、「長患いの人」、「マイゼンハルト・ヨッゲレ」そして「ヒューラー」。
アドバイス: シュタットベヘレに沿って石橋通りを赤い花崗岩の橋の断片まで 進みましょう。それは今日まだ通りの下の地中にある石橋を思い起こさせます。1830年にはライン川の右岸が土砂で埋められ、それが街の景観を持続的に変えました)。石橋通りでは彫刻家レオナルド・エーダーによる「ねずみを捕らえた猫の肖像画」とトランペット吹きの像を屋根のファサードで見つけることができます。